2018年 秋季リーグ 試合結果

9/2(日) vs防衛大学   @獨協大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  11  10  21

防衛大学    11  10  21

【過去三戦で敗北を喫している苦手な相手との初戦。前半は一進一退の攻防でなんとか同点で折り返す。後半の入りで退場者がかさみ、開始10分で4点差をつけられるも、その後のセットOFで一点差まで取り返すことに成功。終盤は相手の退場があったものの決定打を打てず、逆に後半29分44秒の失点により一点差で負け越すも、後半29分58秒にエース岩渕のループシュートが決まり、なんとか初戦を同点で終えた。】

 

9/8(土) vs成蹊大学   @獨協大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  10  13  23

成蹊大学    13  14  27

【相手のカットイン主体のセットOFに手を焼き、さらに堅い守りからの速攻を繰り返し受け、後手を踏む展開がほとんどだった。後半に相手の退場から流れをつかみ一時同点とするも、すぐさま取り返されて逆転できず、そのまま試合終了。簡単なパスミスや速攻のミスが多く、課題を多く残す試合となった。】

 

9/9(日) vs神奈川大学   @獨協大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  15  10  25

神奈川大学   11  13  24

【序盤からDFからの速攻の形が機能し、前半は終始押し気味に試合を進める。しかし、後半は開始10分まで得点出来ず、6連続失点を喫して2点のリードを許してしまう。タイムアウトでなんとか持ち直し、終盤にGKの好守と相手のミスからの速攻で逆転に成功。我慢の展開で見事に勝ち星を収めたが、試合を通じてセットOFに課題を残した。】

 

9/15(土) vs獨協大学   @成蹊大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  10  19  29

神奈川大学   14  8   22

【相手の対策として5-1DFで挑む。DFはある程度機能したものの、相手GKの好セーブが続き点差をつけられないでいると、逆に速攻を食らい前半は4点ビハインドで終える。ミスが多く流れを掴めない嫌な展開だったが、後半に6-0DFが機能。守って速攻の形で連続得点を重ね、あっという間に逆転に成功、見事に勝利を収めた。山内(1年)が9点、中瀬(2年)が8点、堀内(2年)が6点と、1・2年生の活躍が目立った。】

 

9/16(日) vs東京農工大学   @獨協大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  10  13  23

東京農工大学  11  9   20

【昇格に向けて絶対に落とせない大一番。実力のある相手に対して5-1DFを採用して迎え撃つ。序盤に4連続失点を喫したが、この日はセットOFが機能。ここぞというときにシュートをねじ込んで前半は一点ビハインドで折り返す。後半は15分頃まで取りつ取られつの緊迫した試合展開。その中で16分~20分の間に山内(1年)と中瀬(2年)の得点で二点リードを奪う。直後のタイムアウトから連続失点を喫し同点に追いつかれるも、それ以降は両エースが躍動。岩渕(3年)が決めて嫌な流れを断ち切り、堀内(3年)がスーパーなロングシュートを披露。課題だったセットOFで成長を見せた上、5-1DF・相手キーマンへのマンツーマンDFが機能し、絶対に落とせない大一番で見事に三点差の勝利を手にした。】

 

9/22(土) vs國學院大学   @獨協大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  21  12  33

國學院大学   14  12  26

【前半は1-5DFが機能して速攻が決まり、セットOFも機能したため7点リードで折り返す。後半は負傷が相次ぐなどで相手を仕留め損ねると、相手のペースにはまり6連続失点で3点差まで追い上げられてしまう。ここで嫌な流れを断ち切ったのはエース岩渕(3年)。カットインからのシュートを決めてチームを落ち着かせると、その後のDFでGKが決定機を阻止。流れを取り戻して終盤に連続得点し、7点差で試合終了。相手の個人技に圧倒される場面も多々あったが、チームで粘り強く対応することができた。】

 

10/6(土) vs埼玉大学   @成蹊大学

        前半  後半  合計

橫浜国立大学  17  20  37

埼玉大学    11  9   20

【他大学の試合結果により、入れ替え戦進出には16点差をつけての勝利が必要となった試合。焦りからか細かなミスが目立ち前半は6点リードで折り返す。後半に入ると1-5DFが機能、守って速攻の形で着々とリードを広げ、16点リードを奪うことに成功。18点差まで点差を開いたが、終盤に連続失点で16点差まで縮められる。不穏な空気が流れるも最後のセットOFでキャプテン小倉(3年)がサイドシュートを決めきり、17点差で勝利。これによって入れ替え戦進出が決定。昇格のチャンスを掴んだ。】

 

 

10/14(日) vs   @国士舘大学  <入れ替え戦>

        前半  後半  合計

横浜国立大学          

            

【】

 

 

 

選手名 得点数

山内

33

中瀬

24

大島

15

17

小倉

11

堀内

50

勝田

岩渕

36

 

順位
大学名 勝点 試合 得点 失点 得失 勝-分-負
2 横国大

11

7 191 160

31

5-1-1
3 防衛大 11

7

182 153 29

5-1-1

1 成蹊大 11 7 194 179 15

5-1-1

4 農工大

7

205 147 58 5-0-2
5 神奈川 7 178 179 -1

2-2-3

6 國學院

7

198 227 -29

2-1-4

7 獨協大

7

161 191 -30 1-0-6
8 埼玉大 0 7 156 229 -73 0-0-7

※上位三チームは、横国・防衛大に直接対決で勝利している成蹊大が1位、防衛―横国は直接対決が引き分けのため、得失点差の多い横国大が2位、防衛大が3位。成蹊大が4部に自動昇格。

横国大は4部7位との入れ替え戦に進出決定。